他メーカー 未分類

独クレイドラーが復活し125ccカフェレーサーを販売開始

投稿日:2016年9月11日 更新日:

1980年代に倒産したドイツのブランド、クレイドラー(Kreidler)は、このたび新しく125ccのカフェレーサー、ダイスCR125(Dice CR125)を販売開始することを発表した。

70年代、80年代のロードレース世界選手権(WGP、MotoGP)をご存じの方は、クライドラーという名前を聞いたことがあるかもしれない。クライドラーはドイツのオートバイブランドで、1950年代から1980年代にかけて小排気量バイクなどを販売していた。80年代に入ったところで倒産してしまったが、その後は同ブランド名は買いとられ、いくつかのスクーターが販売されている。しかし、このたび125ccのカフェレーサー、ダイスCR125(Dice CR125)と共に同ブランドは復活を果たした。

カラーリングはグリーンとオレンジから選択可で、スタイリングから感じるレトロさの出来は非常に良い。125ccのエンジンは空冷で、燃料供給方式はキャブレター
。この二つはいずれもレトロスタイルには欠かせないものだ。最高速度は時速90km、最高出力は11.2馬力。重量は比較的軽く、112kgとなっている。

現在のところ日本国内での販売の情報は無いが、将来に日本国内にも入ってきたらと想像すると楽しみである。

Reference:Kreidler, MoreBikes

-他メーカー, 未分類

関連記事


comment

CAPTCHA