ダカールラリー レース 未分類

ダカールラリー2016 第1ステージ ダイジェスト

投稿日:2016年1月4日 更新日:

ダカールラリー2016のスタートは幸先が悪いものとなった。本日の第1ステージは悪天候のため中止となったからだ。昨日のロサリオ(アルゼンチン)でのプロローグは40度の快晴の元行われたが、今日南アメリカは雷と豪雨を伴う嵐に覆われている。

雷雨によりコースの一部が冠水、強風によりヘリコプターは安全な運転が不可能となっている。この状況を受け、ASOは競技者の安全を優先し本日のレースを中止することを決定した。

天候による問題点は、ペルーとチリがレースの共催から撤退したころからも以前からわかっていたことだ。ペルーでは、今年初めレースコース付近の住居が洪水により倒壊。チリについては当初計画されていた場所が山崩れの恐れがあるため共催から撤退。また、エルニーニョによる影響も懸念すべき点の一つであった。

現在、公式のスコアボードは土曜日行われたプロローグ時点のままとなっており、ランキングや順番に関しては意味のないものとなっている。

明日のステージは、ヴィラ・カルロス・パス(アルゼンチン)からテルマス・デ・リオ・オンド(アルゼンチン)にかけて786キロのレースとなり、内450キロはタイム計測区間となっている。コース自体は難易度は高いものではないが、選手にとっては長い一日となるだろう。また、第1ステージ同様再び天候の影響を受ける見込みで、大会ディレクターのエティエンヌ・ラビーン氏はステージが少なくとも150キロほどに短縮される可能性を認めた。

Reference:Asphalt&Rubber, Dakr, HRC, AFP

-ダカールラリー, レース, 未分類

関連記事


comment

CAPTCHA