ダカールラリー レース 未分類

ダカールラリー2016 第9ステージ ダイジェスト

投稿日:2016年1月14日 更新日:

第9ステージは非常に過酷なものとなった。その日、ゴールまで到達した選手がいたにもかかわらず、レースは途中で切り上げられることになった。レースが切り上げられた理由としては、気温が45℃にも到達したことが挙げられる。この日の第9レースは第2チェックポイント(CP2)までのリザルトを反映させることとなった。

CP2からライダーは真っ直ぐ次のビバーク地へと送られ、そこからマラソンステージ二日目を迎えることとなる。また、この日はマラソンステージ1日でもあり、チームからのサポートは一切受けられない。

HRC
この事実は、HRCのパウロ・コンサルヴェス選手にとって非常に深刻な状況となった。ゴンサルヴェス選手はこの日首位奪還を狙い、トビー・プライス選手を追いかけたが、CP2に到達する直前、CRF450ラリーが砂漠を走行中に植物に激突。ラジエターに大きなダメージを負い穴があいたことにより冷却水が漏れ、結果的にエンジンに深刻なトラブルを抱えることとなった。
しかし、今回CP2でレースが終了したことが幸いし、同HRCのパオロ・セッシ選手に牽引されることによってビバークへと行くことができた。しかし、第10ステージまでサポートを受けられない状況はゴンサルヴェスにとって深刻であることは変わりない。
ホンダは依然レースを諦めるにはまだ遠い状況だ、と伝えている。

ヤマハレーシング
ヘルダー・ロドリゲス選手にとっても現在厳しい状況である。第9レースは8位、そして総合7位にランクインしているが、トップからは50分以上の差が開いている。

ハスクバーナ
パブロ・クインタニラ選手はこの日、当初のリザルトでは4位でのゴールであったにも関わらず、コースが切り上げられたことにより公式でのリザルトは7位に、総合で4位になってしまった。
現在クインタニラ選手は首位のプライス選手と38分差で、今後のステージはより力を入れてレースに挑まないといけないのは当然だが、首位に立つにはプライス選手に何らかのタイムロスが必要となる。

KTM

第10ステージはダカールラリー2016において、また別の難しいステージとなるだろう。選手らのルート選択能力とスタミナが試される。そん他の大きな特徴としては、「スーパー・スペシャル・セクション」という名の元に、スタート順序が他のステージとは大きく異なったものとなる。トップ10の車、トップ10のバイク、トップ5のトラックがそれぞれ同時にスタートする。その様子はいささか混乱のような絵となるだろう。

第9ステージリザルト(ベレン~ベレン)
Pos. Rider Country Brand Time Diff Penalty
1 PRICE AUS KTM 03:26:58
2 BRABEC USA HONDA 03:39:27 00:12:29
3 MEO FRA KTM 03:40:22 00:13:24
4 SVITKO SVK KTM 03:41:43 00:14:45
5 VAN BEVEREN FRA YAMAHA 03:42:52 00:15:54
6 FARRES GUELL ESP KTM 03:43:36 00:16:38
7 QUINTANILLA CHL HUSQVARNA 03:44:13 00:17:15
8 RODRIGUES PRT YAMAHA 03:46:10 00:19:12
9 MONLEON ESP KTM 03:48:33 00:21:35
10 BENAVIDES ARG HONDA 03:49:06 00:22:08
総合順位トップ10
Pos. Rider Country Brand Time Diff Penalty
1 PRICE AUS KTM 30:55:54
2 SVITKO SVK KTM 31:24:53 00:28:59 00:01:00
3 GONCALVES PRT HONDA 31:29:55 00:34:01
4 QUINTANILLA CHL HUSQVARNA 31:34:35 00:38:41
5 MEO FRA KTM 31:38:02 00:42:08
6 BENAVIDES ARG HONDA 31:43:57 00:48:03
7 RODRIGUES PRT YAMAHA 31:45:57 00:50:03 00:02:00
8 FARRES GUELL ESP KTM 31:50:04 00:54:10
9 BRABEC USA HONDA 32:00:02 01:04:08
10 VAN BEVEREN FRA YAMAHA 32:05:35 01:09:41

Reference:Asphult&Rubber, Dakar, HRC, Husqvarna, KTM, YAMAHA

-ダカールラリー, レース, 未分類

関連記事


comment

CAPTCHA