カワサキ・レーシング・チーム 2016WSBK車両デザイン公開

WSBK

カワサキ・レーシング・チームは今週、2016年スーパーバイク世界選手権(WSBK)で仕様する新型ZX-10Rをバルセロナで公開した。

プレゼンテーションでは、昨年のチャンピオン、ジョナサン・レイ選手と2013年シーズンのチャンピオン、トム・サイクス選手の二人と共に登場した。

レイ選手は、新しい車両の説明と2016年に向けての豊富について以下のようにコメントしている
「私が今までに乗ってきたバイクは見たことがあると思いますが、新しい車両の写真を先週見たとき、「ワオ、そんなデザインになったんだね!」と感じさせてくれました。
この車両に乗ることに対し本当に興奮しています。特に、2週間後の第1ラウンドで。レースがはじまるのが待てません。とても長い冬でした!」

2015年では3位であったチームメイトのサイクス選手は、既に昨年の結果から再び挑戦する準備はできており、レイ選手同様これからのシーズンに向けて高いモチベーションと共にあることが伺えた。
サイクス選手は以下のようにコメントしている。
「この車両と共に2016年を迎えることを本当に嬉しく思います。スタートが待ちきれません!」

新しいNinjaがWSBKの栄光を再び掴む戦いは今月2月に、オーストラリア、ビクトリア州フィリップ・アイランド・サーキットからはじまる。

Reference:KAWASAKI RACING TEAM, Visordown

コメント

タイトルとURLをコピーしました