ニューモデル SUZUKI 未分類

スズキ 次期隼(ハヤブサ) 2017年モデル?は大幅な軽量化が成されるとのこと

投稿日:2016年6月15日 更新日:

スズキの次期隼(ハヤブサ)は、全く新しいフレームに変わりかなりの軽量化が施されるようだ。

今回の特許図と情報は、スズキの社員が英バイクメディア、モアバイクス(MoreBikes)に提供したもので、次期隼のフレーム設計が一新したことが確認できる。近々この図を用いた特許が取得されるようだ。

1枚目の図は以下のようなもので、エンジンに取り付けられた新しいフレームを確認することができる。このフレームで特に重要なポイントは、番号3~5だ。

番号3はフレームの前方部分で、かなりの軽量化が施されているものの、対角材などにより剛性は確保されているとのこと。

番号4は、エンジンを支えており、横方向の剛性を与える非常に重要な部分だ。一体成型鋳造により作られ、フレームの前方と後方に加わる捻じれをトーションバーと同様の働きにより防いでいる。

番号5はフレームの後方部分で、番号4のパーツが差し込まれる形で接続されている。前方部分同様、現行型のフレームに比べかなりの軽量化が施されているとのこと。

次の図は、フレームの右側をフレーム内側から見た断面図である。31aでは、フレームの前方部がフレームの真ん中の部分にどのように差し込まれているか、を確認することができる。

最後はフレームの右側を上部から見た断面図だ。フレームの各部が差し込まれている様子がよりわかりやすい。後方部分も前方部同様差し込まれていることがわかる。

今回の情報が出たとなると、隼の2017年モデルでのフルモデルチェンジはほぼ確定か?
以前には隼にターボチャージャー搭載の噂などもあったが、スズキのフラッグシップモデルだけに、今後の情報には注目していきたい。

関連記事:次期隼、ターボ化の噂

Reference:MoreBikes

-ニューモデル, SUZUKI, 未分類

関連記事


comment

CAPTCHA