ニューモデル ニュース 未分類

エアバス、3Dプリンターを使ったわずか6kgフレームを使用した電動バイクを公開

投稿日:2016年5月25日 更新日:

欧州の航空機メーカー、エアバス(Airbus)は3Dプリンターを使用しわずか6kgのバイク用フレームを製作し、このフレームを使用した電動バイクを開発、50台限定で販売とのこと。

モデル名は、ライト・ライダー(Light Rider)と呼ばれるこの電動バイクは、世界初の3Dプリンターを使用して製作されたバイクだ。最高時速は80km、総重量もわずか35kgで、フル充電時には60kmの距離を走行可能とのこと。

フレームとスウィングアームは6kg。数千に及ぶ厚さ30μmの金属粉による層をレーザーにより溶融させ製作されている。サスペンションに関しては、マウンテンバイクのものを使用している。

今回は50台限定での販売で、プリオーダーは現時点で既に可能となっている。しかし、価格は約600万円と非常に効果である。

エアバスのような技術力を持つ大企業がこのような車両を製作しはじめるとなると、新しい電動バイクメーカーが誕生する可能性も十分あるかもしれない。

Reference:Airbus, MoreBikes

-ニューモデル, ニュース, 未分類

関連記事


comment

CAPTCHA