ニューモデル DUCATI 未分類

ドゥカティ ムルチストラーダ950 2017 発表

投稿日:2016年11月7日 更新日:

ドゥカティ(Ducati)は、ムルチストラーダ(Multistrada)ラインナップに新しく、ムルチストラーダ950を追加することを発表した。

エンジンはハイパーモタード939などで使われている937cc11°テストストレッタを搭載。ムルチストラーダラインナップでは最小の排気量となるが、113馬力、96Nmと十分なパワーを持っている。

ドゥカティセーフティパックというものを装備しており、ABS、トラクションコントロール、4つのライディングモード(スポーツ、ツーリング、アーバン、エンデューロ)などが含まれている。

全体的なスタイリングとしては、ムルチストラーダ1200シリーズと同じものとなっている。ヘッドライト、アジャスタブルスクリーン、くちばし、燃料タンクなどは1200に似たものになっているがが、車体中腹から後ろにかけてのシート、タンデムグラブバー、エキゾースト、両持ちスウィングアームなどは1200エンデューロと似たデザインとなっており、より幅広いライダーの使用用途に対応するモデルとなっている。

ブレーキはブレンボ M4.32が320mmのディスクにラジアルマウントされている。サスペンションはフルアジャスタブルKYB製48mm倒立フォークに、ザックス製フルアジャスタブルモノショックリアサスペンションを装備。タンク容量20L。フロントホイールは19インチ。

アクセサリーパッケージとして、スポーツ、エンデューロ、ツーリング、アーバンの3つが用意されている。それぞれのパッケージでは、ブロックタイヤやエンジンガード、キャリア、ハンドガードなどのオプションが取り付けられている。

重量は乾燥208kg、装備226kg。

Reference:Ducati, Asphalt&Rubber, Visordown

-ニューモデル, DUCATI, 未分類

関連記事


comment

CAPTCHA