ニュース 未分類 バイク用品

Bell 360°カメラ搭載スマートヘルメット発表

投稿日:2016年1月10日 更新日:

ツーリング先で走行中の映像を録画するには、今まではGoProのようなアクションカメラを使うしかなかった。
しかし、BELLがアメリカのラスベガスで開催中のコンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)で発表したカメラを搭載したヘルメットは、今後上記の用途でカメラを求めるライダーの一つの選択肢となりそうだ。

360FLYを搭載したベルのヘルメット、Starは、既存のスターがベースとなっており、取り外し可能の360Fly製の360°4Kビデオカメラがヘルメット頭頂部に埋め込まれている。販売時期は今年度末だそうだ。

カメラの特徴としては、ブルートゥース、Wi-Fi接続が可能で、動画のライブストリームや、パソコン等の機器に無線でファイルを送ることができる。また、GPSセンサーに加え、気圧計、高度計、加速度計などのセンサーも搭載されており、動画に様々な情報を付加することができる。バッテリー持続時間は2時間とのこと。

興味深い内容としては、Bellの親会社であるBRGスポーツは、今回発表したヘルメットには、衝突防止アラートが搭載されており、ライダーに危険が発生しそうな場合警告するといった機能もある。この機能の詳細については今のところ言及はないが、ヘルメットが販売される数ヵ月前に後日発表するとのこと。

価格については不明だが、BELLのスターカーボンの価格が8万ほど、そして360Flyも8万ほどするので、非常に高くなる可能性は十分ある。

Reference:Visordown

-ニュース, 未分類, バイク用品

関連記事


comment

CAPTCHA