ニューモデル bimota 未分類

Bimota Tesi 3D RaceCafe 登場

投稿日:2015年11月18日 更新日:

EICMAでビモータからテージ3Dレースカフェが登場しました。・・・が、これまたすごいデザインのバイクですね。笑

ビモータのテージ3Dといえば、ハブセンターステアリングで有名であり、現在市販されているバイクの中でも特にユニークなバイクな一台でしょう。ハブセンターステアリングデザインが近未来的であるがゆえに、なぜビモータはそれにカフェレーサースタイルというレトロな組み合わせに挑戦したのか?という疑問が残ります。

スクランブラーシリーズで使われている803cc空冷Vツインエンジンを積んでいます。ビモータは最近各社が再び手を伸ばし始めたレトロなスタイルに新たに着手しようとしているのかもしれませんが・・・少なくとも私にはこのバイクは迷走しすぎな気がします。笑

ほぼ間違いなく、テージ3Dはカフェレーサーのようなものを展開するためのプラットフォームとしては最悪でしょう。

テージ3Dレースカフェはいったいどの層に需要があるのか・・・と考えた時、答えは思いつきません。このデザイン自体はとても面白いものですが、産業として考えた時には、明らかにこの分野が受け入れられることが難しいと思います。

-ニューモデル, bimota, 未分類

関連記事


comment

CAPTCHA