HONDA ニューモデル 未分類

ホンダ ライディングアシスト技術を発表

投稿日:2017年1月6日 更新日:

ホンダは、CES(コンシューマーエレクトロニクスショー)でセルフバランス(バイク自身で自立することができる)機能を搭載したバイクコンセプトを発表した。
ホンダ・ライディング・アシストは、オートバイを低速で直立状態に保つことができる。

ライディングアシストは、ホンダのロボット技術を使用しており、従来のジャイロスコープより重量を抑えている。この技術は、実際にホンダのUNI-CUB(画像下)で使用されるシステムの改良版だ。低速時のステアリングは小型のモーターにより電子制御されバランスを保つことができる。また、ヘッドライト下にはキャスター角を調節することができるモーターも備えており、角度を大きくすることでフロント部をお年、より低速時でバランスをとりやすくしている。

デモビデオではライディングアシストがどのように動作するかを確認することができる。映像後半では、バイクに搭載されたモーターによりライダーなしで自走する様子も確認することができる。

コンセプトモデルはNCがベースとなっているが、ライディングアシスト技術自体はフロント部にとりつけるものなので、NCに限らず全てのモデルに搭載させることは可能とのこと。

Reference:Honda, Motorcycle.com, Asphalt&Rubber

-HONDA, ニューモデル, 未分類

関連記事


comment

CAPTCHA