ニューモデル 未分類 Royal Enfield

ロイヤルエンフィールドの新型ミドルクラスの噂

投稿日:2016年4月3日 更新日:

ロイヤル・エンフィールド(ROYAL ENFIELD)は600~650ccほどの新型二気筒モデルを開発していると噂されている。コードネームは「P61」というのもので、ヨーロッパやアメリカなどのクルーザーライダー向けに設計を進めているようだ。

インディアン・エコノミック・タイムス誌(Indian Economic Times)では、このニューモデルは来年発表されるのでは、とのこと。

ロイヤルエンフィールドは200ccから750ccにかけてグローバルな市場で戦っていくことを目標としており、この新しい600cc-750ccのモデルはこの排気量の範囲にフィットする。おそらく、現行モデルと比較して、よりヨーロッパやアメリカのライダーの関心を集めるようなモデルになるであろう。

また、ロイヤルエンフィールドCEOのシッダールタ・ラール氏()は現行モデルは高速道路などの速度域に対応しないとも述べている。同氏は現在は同ブランドのグローバル開発のためにロンドンに移住しており、そのような高速域の需要に応える次のプラットフォームを持っている、とも話している。

今回の記事のニューモデルの噂とは別に、クラシック(Classic)、サンダーバード(Thunderbird)それぞれのモデルの大排気量版(コードネームはそれぞれD41、D61)も開発していると話している。設計はインドの国外で進められているとのこと。

Reference:Indian Economic Times, Royal Enfield, Visordown

-ニューモデル, 未分類, Royal Enfield

関連記事


comment

CAPTCHA