SUZUKI ニュース 未分類

ロードレース世界選手権チャンピオン、バリー・シーンが映画に

投稿日:2016年2月14日 更新日:

バリー・シーン(Barry Sheene)はロードレース世界選手権のチャンピオンの一人で、チャンピオンの中でも最も個性的であった一人といってもいいであろう。当時はライダーもマシンも言い訳をしないというな時代で、二度のチャンピオンを経験したシーンも同様この事実を最大限に示した一人である。

同じイギリス出身の先輩ライダーでライバルだったフィル・リードの妻と不倫騒動を起こすなど、スキャンダラスな行動でも知られたシーンは、最終的にはペントハウス誌でモデルを務めたステファニー・マクレーン(Stephanie McLean)と結婚している。下のティーザービデオで途中現れる革ツナギを着た女性がマクレーンだろう。

ヘビースモーカー、暴飲、絶えず変わるパートナーなど、バイクのレースシーンでシーンは忘れられない存在となった。

さて、なぜ今回このような話を記事しているのか、とお思いであろう。というのも、このたびバリー・シーンにまつわる物語の映画化が決定されたからだ。製作はオーストラリアのIO フィルム社(IO Films)とイギリスのディープ・スプリング・ピクチャーズ社(Deep Spring Pictures)。まだ詳しい情報は判明していないが、既にトレーラーは公開されている。

現在のところわかっていることとしては、映画はMotoGPジャーナリストのスティーヴ・パリッシュ氏とニック・ハリス氏の著書「BARRY: THE STORY OF MOTORCYCLING LEGEND, BARRY SHEENE」が元になっていることだけだ。

また今後の続報に期待しよう。

最新情報はsheene.comへ(ただし海外サイトなので英語)

Reference:Sheene.com, Asphalt&Rubber, Wikipedia

-SUZUKI, ニュース, 未分類

関連記事


comment

CAPTCHA