YAMAHA MotoGP レース 未分類

ロッシ、ヤマハとの契約を二年更新で合意

投稿日:2016年3月19日 更新日:

バレンティーノ・ロッシ選手は、ヤマハとの契約を2年更新することに合意した。

今回の契約更新は、我々MotoGPに関心を持っている多くの人々にとってさほど驚くことでなかっただろう。ジャーナリストらの最も注目している選手にロッシ選手は含まれていないかもしれないが、タイトル争いに絡んでくることは否めない。

今回の契約更新により気になるポイントとしては、同じヤマハのチームメイト、ホルヘ・ロレンソ選手の反応だ。今後ヤマハに残るのか、もしくはドゥカティへ移籍するのか。

また、ヤマハの今後GPランクに上がってくる若手ライダーにも少なからず影響は出るだろう。

以下リン・ジャービス氏とロッシ選手のコメント

リン・ジャービス氏(ヤマハ・モーター・レーシング・マネージング・ダイレクター)
「バレンティーノとの契約更新は、世界中のヤマハファンとMotoGPファンにとって非常にうれしいニュースになると確信している。新しいシーズンを迎えるにあたって、これ以上の素晴らしい選択肢はないだろう。バレンティーノからは、大好きなモータースポーツとヤマハ・ブランドへの傾倒の表明があり、ヤマハからは、4つのタイトルをもたらし、常にこのスポーツに情熱を持ち続け、2年連続でランキング2位を獲得したことからもわかるように、依然として非常に高い競争力を維持しているライダーヘの正しい評価の確認があった。2013年のヤマハへの復帰は“人生の決断”であったが、このたびの契約更新は、バレンティーノが本当に、そのレーシングライダーとしてのキャリアをヤマハで終える決意である。しかしその前に、ヤマハファンはあと3年間、10度目のタイトル獲得を目指す“ザ・ドクター”の挑戦を見続けることができるのだ」

バレンティーノ・ロッシ選手
「ヤマハとの契約を更新し、さらに2年間、ともにMotoGPで戦うことができるようになり非常に喜んでいる。戦う能力が残っている限り、そして同時に、それを楽しむことができる限り、少しでも長くこのモータースポーツにかかわっていくことが僕の目標だからね。だから今回の契約にもとても満足しているんだ。2013年にヤマハに復帰して以来、故郷に戻ってきたような気持ちを持ち続けてきた。そしてそれが成績にもつながったと思っている。Movistar Yamaha MotoGPのみんなとともに働くことに喜びを感じ、彼らの変わらない暖かいサポートに心から感謝している。今シーズンも、そしてその次の2年間もベスト・リザルトを目指してYZR-M1に乗り続けていきたい。また、いつも、どんなときでも僕を支え、レースをより素晴らしいものにしてくれるファンのみんなにも大きな声で“ありがとう”を!僕ら全員がこれからもMotoGPをエンジョイできるように、一戦、一戦プッシュし続けるよ」

Reference:Yamaha, Asphalt&Rubber

-YAMAHA, MotoGP, レース, 未分類

関連記事


comment

CAPTCHA