HONDA ニュース 未分類

ホンダ 熊本工場 生産休止を延長

投稿日:2016年4月22日 更新日:

ホンダ 熊本製作所

ホンダは、CBR1000RR、VFR1200F、ゴールドウィング、NC750Xなどの生産を行っている熊本工場は、地震の影響により一時生産を休止し、今月22日に生産再開を予定していたが、28日まで生産休止を延長することを決定した。

関連記事:ホンダ 熊本地震により工場を一時休止

熊本工場はホンダの持つ日本最大の工場で、主に大排気量モデルを中心に生産を行っている。年間約25万台生産される。

ホンダは公式で以下のように発表している。

平成28年(2016年)熊本地震の影響による生産状況について
 Hondaはこの度の地震の影響により、熊本製作所(熊本県菊池郡大津町)の生産を4月22日まで休止する事としておりましたが、設備の被害状況などを鑑みて、4月28日まで生産休止を延長することを決定いたしました。

 その後の生産予定につきましては、工場の修復および部品供給の状況を見ながら決定してまいります。

 なお、熊本製作所以外の生産拠点の状況については、軽自動車の委託生産先である八千代工業株式会社において4月22日より一部生産を縮小して稼動し、その他の生産工場については通常稼動の予定です。

 Hondaは早期の稼動を目指し、総力をあげて取り組んでまいります。

以上

Reference:Honda

-HONDA, ニュース, 未分類

関連記事


comment

CAPTCHA