YAMAHA ニュース 未分類

ヤマハ スター・モーターサイクルズをヤマハへ統合

投稿日:2016年5月6日 更新日:

ヤマハは、アメリカでクルーザーモデルを展開しているブランド、スター・モーターサイクルズ(Star Motorcycles)をヤマハへ統合させる方向へ動いていたようだ。

スター・モーターサイクルズとは、アメリカ向けに展開していたヤマハのクルーザー専用ブランドで、1994年に誕生。ヤマハとは異なるブランドではあったが、ディーラーに関してはヤマハと同じところから販売されていた。2006年からは会社として体制を変えるも、生産などについてはヤマハが継続して行っていた。

異なるブランド展開という意味では、トヨタのレクサス、日産のインフィニティなどと同じ形だ。

ラインナップは、ロイヤルスター(Royal Star)、ロードスター(Road Star)、Vスター(V-Star)、V-MAX、ボルトなどを取り扱っていた。
ロードスターやVスターはアメリカ限定の車種名であり、国内ではドラッグスターやヤマハの逆輸入車を取り扱うプレスト・コーポレーションにおけるXVSやXVシリーズなどがこれに相当する。

今回の統合の話は、カナダのバイクメディア、モーターサイクル.コム(Motorcycle.com)が、スター・モーターサイクルズのページを確認した際に、ヤマハのウェブサイトへ転送設定がされていることに気づき、同社へ問い合わせたことにより確認されたものだ。

ヤマハからの正式な発表のページは今のところないようだが、スターモーターサイクルズは今後数か月かけてゆっくりとヤマハへと吸収されていくであろう。

日本では今回の話はあまり関係ないのではあるが、全体的な市場へ見たとき、クルーザーブランドが一つ消滅したことにより、潜在的なクルーザーライダーがハーレーとどのように影響を及ぼしあうのかは気になるポイントである。

Reference:Yamaha, Asphalt&Rubber, Motorcycle.com, Wikipedia

-YAMAHA, ニュース, 未分類

関連記事


comment

CAPTCHA