BMW ニュース 未分類

BMW バイク用レーザーヘッドライトを発表

投稿日:2016年1月6日 更新日:

BMWは従来のヘッドライトのハイビームの二倍もの距離を照らすことを可能とするバイク用「レーザーライト」ヘッドライトシステムを発表した。

この技術は、ラスベガスで開催されたコンシューマー・エレクトロニクス・ショー(Consumer Electronics Show)で、K1600GTLコンセプトに搭載されての登場となった。

BMWによると、レーザーライトは明るい「ピュア・ホワイト」の色で、ハイビームで約600mの範囲を照らすことができるという。この距離は従来のヘッドライトのハイビームの二倍ほどにもなる。また、このレーザーライトは非常にコンパクトで、作りもしっかりしており、メンテナンスは特に必要がないそうだ。

(BMWによると、レーザーライトは下で、従来のハイビーム(上)の二倍の距離を照らしている。)

このレーザーライトは、車ではi8、i7シリーズで搭載されており、バイクでは今回のコンセプトがはじめての搭載となる。レーザーライトをバイクに搭載し販売するにはコストがかかりすぎるため、今回K1600GTLコンセプトに試験的に採用することになったようだ。

今後コストが抑えられ、バイクに採用されることを期待。

Reference:BMW, Motorcycle.com

-BMW, ニュース, 未分類

関連記事


comment

CAPTCHA