ニューモデル BMW 未分類

BMW ラック・ローズ コンセプトを2017年モデルより市販化へ

投稿日:2016年10月12日 更新日:

BMWが以前発表したラック・ローズ(Lac Rose)コンセプトが、来月のEICMAで2017年モデルとして発表されるとの情報が入った。

ラックローズは、RナインT(R nine T)をベースとしたアドベンチャースタイルのコンセプトで、そのスタイリングは1980年代のダカールラリー車両を模したものとなっている。ラックローズという名前は、セネガル共和国ダカール州にある湖のことで、パリ~ダカールのゴールとして有名な地である。

すでにRナインTスクランブラーというモデルがある中、このラックローズがどういう立ち位置での発表になるかは気になるところだが、BMWはヘリテージモデルを複数ラインナップに存在し自社内のモデルがユーザーを取り合うことについてはさほど気にしていないかもしれない。

また、BMWはRナインTラインナップとして、ベースモデル、スクランブラー、ピュア、レーサー、ラックローズの5つのモデル展開をすることについての言及も最近している。

ラックローズが市販化されることについては非常に楽しみではあるが、似たようなモデルがすでに存在しているという点についても否めない。

関連記事:BMW ラック・ローズ コンセプト発表

Reference:BMW, Asphalt&Rubber

-ニューモデル, BMW, 未分類

関連記事


comment

CAPTCHA