ニューモデル BMW 未分類

BMW スーパーチャージャー搭載 R5コンセプト 発表

投稿日:2016年5月24日 更新日:

BMWは、1930年代当時のR5に積まれていた500ccボクサーツインエンジンなどをそのまま使用し、スーパーチャージャーを搭載したコンセプトモデルを公開した。

このコンセプトモデルはR5オマージュ(R5 Hommage)というコンセプト名がつけられており、R5が登場してから80周年記念に製作された。スウェーデン出身のカスタムビルダー、ロニー・ノーレン氏とベニー・ノーレン氏ら兄弟が製作。

フレーム、エンジン、エキゾーストシステム、ブレーキ、サスペンション、レバーなど様々なものが当時のものを使用しているが、ダメージが大きいものについては新しいパーツに交換するなどの処置が施されている。

スーパーチャージャー搭載により馬力は26馬力向上してるとのこと。

話は少し変わり、BMWは去年、パス22(Path 22)というRナインT(R nine T)のスクランブラーコンセプトを公開した後に、RナインTスクランブラーを市販化している。

関連記事:BMW R nine T Scrambler が2016年に登場

それを踏まえると、今回のR5についてももしかすると市販化する可能性はあるのではないのか?と思わずにはいられない。

Reference:BMW, Visordown, BIKEEXIF

-ニューモデル, BMW, 未分類

関連記事


comment

CAPTCHA