ニューモデル BMW 未分類

BMW S1000R 2017 マイナーチェンジして発表

投稿日:2016年10月5日 更新日:

BMWはマイナーチェンジを加えたS1000R 2017年モデルを発表した。

S1000Rは998ccの直列四気筒エンジンを積んだストリートファイターモデル。現行は160馬力だが、5馬力アップし165馬力に出力が変更。また、メインフレームの軽量化などにより3kg軽い205kgの車重となっている。

サイレンサーはチタン製の新しいものに変更。また、ハンドルバーは振動を軽減されるものに変更。

導入技術としては、コーナリングABS(BMWの名前絵はABSプロ)を新しく搭載。また、シフトアップ・ダウン両者に対応したクイックシフターもオプションで装備可。

外装としては、左右のラジエターシュラウドのサイズが少し小さくなっており、現行モデルよりエンジンの見える範囲が広くなっている。また、オプションでリムステッカーを取り付けることができる。

インストゥルメントパネルは新しく気温の表示を追加。また、視認性も向上されているとのこと。

Reference:BMW, Visordown

-ニューモデル, BMW, 未分類

関連記事


comment

CAPTCHA