HONDA ニューモデル 未分類

ホンダ CBR1000RR 2017 ベースモデル発表

投稿日:2016年11月7日 更新日:

先月のインターモトでホンダからホモロゲーションスペシャルのCBR1000RR SP・SP2から記憶に新しいが、そのベースモデルとなるCBR1000RR 2017年モデルが発表された。

関連記事:ホンダ CBR1000RR SP 2017を発表
ホンダ CBR1000RR SP2 2017を発表

ベースモデルのCBR1000RRについては、サスペンション、ブレーキなどがロースペックモデルになっているものの、エンジン、シャシー、電子制御類についてはSPと同じものとなっている。

それらについては、マグネシウムケース、チタン燃料タンク、5本スポークホイール、エンジンの変更などが含まれる。最高出力は190馬力、装備重量196kgとなっている。

変更点のサスペンション・ブレーキについてだが、サスペンションはショーワ製43mm BPFフロントフォーク、リアはBFRC(バランス・フリー・リア・クッション)を装備し、ブレーキはラジアルマウントされたトキコ製の4ピストンキャリパーとなっている。

電子制御としては、SP、SP2同様5軸IMU(慣性計測装置)を搭載、トラクションコントロール(ホンダ・セレクタブル・トルク・コントロール)、コーナリングABS、ライド・バイ・ワイヤ、なども特徴となっている。

アップ・ダウンに対応したクイックシフターも搭載している。

価格については現時点では不明。

Reference:Honda, Asphalt&Rubber

-HONDA, ニューモデル, 未分類

関連記事


comment

CAPTCHA