ニューモデル 未分類 Indian

インディアン チーフテン・ダーク・ホース(Chieftain Dark Horse) 発表

投稿日:2016年5月13日 更新日:

インディアン(Indian)は、チーフテン・ダーク・ホース(Chieftain Dark Horse)を発表。

チーフテン・ダーク・ホースは、バガースタイルのチーフテンとむき出しのカスタムが施されたチーフ・ダーク・ホースを組み合わせたモデルとなっている。

エンジンは、空冷1811ccのサンダー・ストローク111(Thunder Stroke 111)という名前のVツインエンジンを搭載。回転数2,600rpmで139Nmのトルクを発する。出力に関しては、公式にカタログ値は出ていないが、おそらく95馬力前後であろう。フレームはアルミで、黒のペイントが施されている。

シングルシートとなっているが、これはソロツーリングをすることを推奨しているのだろう。そのため、左右のパニアには存分に自身の荷物を積むことができる。

スタイリングに関しては、チーフ・ダーク・ホースから引き継いだむき出しのものとなっているが、装備に関しては充実したものとなっている。特にインストゥルメントパネルには様々な情報を表示することが可能で、その一覧を以下に羅列する。

フェアリング内蔵型インストルメントパネル、電気式スピードメーター、タコメーター、燃料計、オドメーター、デュアル・トリップメーター(走行距離・時間)、瞬間燃費・平均燃費、航続可能距離、時計、温度計、ギアポジション、前後タイヤ空気圧モニター、エンジンアワーメーター、オイルメーター、平均速度、電圧計、ラジオ表示、エラー表示機能、グリップヒーター表示機能(装着車のみ)、LED警告灯(クルーズコントロール、ニュートラル、ハイビーム、ウインカー、ABS、エンジン警告、タイヤ空気圧、バッテリー、燃料残量警告、セキュリティ、エンジンオイル、マイル・キロ表示)

重量は364kg。

オプションでグリップ、フェンダー、パニアなどをブラックバージョンや、スピーカーを変更することが可能。

Reference:Indian, Visordown

-ニューモデル, 未分類, Indian

関連記事


comment

CAPTCHA