ニューモデル DUCATI 未分類

ドゥカティ カスタムスクランブラーArtika 公開

投稿日:2016年1月28日 更新日:

カスタムスクランブラーを今回の記事を含めて3台紹介したが、この記事で紹介するものが最後となる。
ドゥカティ(DUCATI)は、先週末に開催されたヴェローナ・モーター・バイク・エキスポ(Verona Motor Bike Expo)で、同社のレース車両、パンタ・アイス(Pantah Ice)をイメージしたカスタムとなっている。製作はダリオ・ロペス・スタジオ(Dario Lopez Studio)で、同車両はスクランブラー・アルティカ(Scrambler Artika)と名付けられている。

関連記事:DUCATI カスタムスクランブラー、REVOLUTION 公開
DUCATI カスタムスクランブラー、Peace Sixty 2公開

オリジナルのパンタ・アイスは、70年代後半から80年代初頭にかけての氷上レースを目的とした車両として製造されていた。アルティカの黄色い車体に青のラインは、オリジナルのパンタ・アイスと同様のカラーリングとなっている。パンタ・アイスは、イタリアに所在するドゥカティ・ミュージアムに展示されている。

他の二つのカスタムモデル、レボリューション(REVOLUTION)とピース・シックスティ2(Peace Sixty2)と異なり、この車両は803ccのスクランブラー・アイコン(Scrambler Icon)がベースとなっている(フロントフェンダーに関してはアーバン・エンデューロ(Urban Enduro)のものを使用)。タイヤはピレリ製のスパイクタイヤとなっている。ヘッドライトの代わりにゼッケンプレートが取り付けられており、番号の2は、オリジナルのパンタ・アイスが1番なので、それに続く数字としたようだ。ゼッケンプレートにはワイヤ類を通すための穴があけられている。エキゾーストに関しては、スクランブラースタイルのような位置を採用している。

Reference:DUCATI, Motorcycle.com

-ニューモデル, DUCATI, 未分類

関連記事


comment

CAPTCHA