ニューモデル スパイショット SUZUKI 未分類

GSX-R250 2017 特許図で販売時の姿が明らかに

投稿日:2016年8月4日 更新日:

過去にもいくつかの情報がリークしているGSX-R250(ジクサー250(GIXXER 250)?)だが、特許にて販売時の全貌が明らかになった。

関連記事:スズキ GIXXER 250 スパイショット

画像はオーストラリアのバイクメディア、オーストラリアン・モーターサイクル・ニュース(Australian Motorcycle News)に掲載されたものだが、2017年モデルでの登場が期待されているスズキの低排気量フルカウルスポーツモデル、GSX-R250のものだろう。

排気量についてはまだ情報がほとんどないが、スズキが最近のトレンドが300cc前後の排気量ということをしっかり認識しているのであれば、近い排気量になるだろう。

画像からは、先日発表されたCBR250RRが装備していた倒立フォークではなく正立フォークであることがわかる。ブレーキ、サスペンションなどを含め比較的コストを抑えた車両に仕上げているように感じるが、スタイリングに関してはGSX-Rシリーズに相応しいスポーティな見た目となっている。

過去にはGSR250のエンジンを使用し、低価格路線のフルカウルスポーツとして登場という情報もあったが、クランクケースカバーを見る限りでは異なるエンジンを使用しているようにも見える。GSR250が公道やツーリング向けのエンジン特性であるため、もし異なるエンジンを使用しているのならばスポーツ走行寄りのものになる可能性も十分ある。

最近ホンダからCBR250RRが発表されたのは記憶に新しいが、CBR250RRを含め、カワサキ ニンジャ250、ヤマハ YZF-R25などが競合車種となるだろう。

過去にリークしたGSX-R250と思われる車両の画像

スズキ以外の他社から低排気量フルカウルスポーツが揃った今、残ったスズキがどのようなモデルを発表し戦っていくかは非常に興味深い。

Reference:MoreBikes, Asphalt&Rubber, Australian Motorcycle New

-ニューモデル, スパイショット, SUZUKI, 未分類

関連記事


comment

CAPTCHA