ベスパ GTS125/150 2017 マイナーチェンジして発表

ニューモデル

ベスパ(VESPA)は、GTSシリーズにマイナーチェンジを加えて発表。

新しくiゲット(i-get)エンジンを搭載。排気量は125ccと150ccの二つのバリエーションから選ぶことができる。

iゲットエンジンの特徴としては、シリンダーヘッド、ピストン、クランクシャフト、バルブトレインなど様々なパーツに燃費向上を目的とし、摩擦軽減を含めた設計がなされている点だ。ギアボックスのセッティングも、利便性や燃費を考えられたものが採用されている。

125ccバージョンは12馬力、150ccバージョンは15馬力。

前後ウィンカーには新しいクリアプラスチックに変更されている。また、ライト周りについてはクロムめっきとなっている。

Reference:Vespa, Visordown

コメント

タイトルとURLをコピーしました