HONDA 未分類

ホンダ RC213V-Sが一人目のオーナーの元へ

投稿日:2016年1月4日 更新日:

この笑顔を見ただろうか。この男性は、HONDA RC213V-Sを世界で1番目に受け取ったオーナーだ。

(記事後部の販売額の桁を間違えて記載していたので訂正しました。正しくは50億円です。)

2200万する公道仕様MotoGP車両を手にしたのは、イギリスのジョン・ブラウン氏でマンチェスターでホンダのディーラーを経営しつつ、ホンダの熱狂的ファンかつコレクターである。この男性は2015年年末に同車両を納車され、その他のオーナーに関しては今後順次納車されていくとのことだ。

ブラウン氏は、
「このプロジェクトをはじめて聞いたとき、この車両を手にしなければならないと思いました。HRCの歴史の一部を手に入れることのできる信じられないチャンスです。すぐにウェブサイトを通じて購入の意思を伝え、その後ホンダから注文が受け付けられたとの連絡が入った日は私にとってとても特別な日となりました。」と述べている。

また、
「私は17歳から家族が経営するホンダのディーラーで働いています。ホンダはイギリスにおいてトップ3に入るメーカーの一つで、このバイクは私のコレクションの中でも素晴らしいものとなるでしょう。この夢を実現させてくれたホンダの人たち全員に感謝しています。」とも伝えている。

ホンダ RC213V-Sは既に売り切れとなっており、この車両により約50億円もの金額がホンダに入ることとなる。これは大変な額で、MotoGPのレース車両の開発費を相殺するほどの金額である。

RC213V-Sはホモロゲーション車両ではないが、近年の傾向としてそれぞれのメーカーは驚くようなスペックの車両を発表している。このRC213V-Sの登場は、バイクにとって新しい黄金時代となるかもしれない。時が経てば答えはわかるだろう。

Reference:Asphalt&Rubber

-HONDA, 未分類

関連記事


comment

CAPTCHA