ニューモデル 他メーカー 未分類

Horex VR6 限定仕様を発表

投稿日:2015年11月24日 更新日:

数年前倒産したとされていたホレックスですが、買収元と共に、新車両をEICMAで展示していました
EICMAで展示されていた車両は、限定仕様のブラックです。
(9月のフランクフルトショーで展示されていたものと同一車両)

1218cc TOHC(トリプルオーバーヘッドカム)6気筒エンジン搭載。最高出力168馬力、最大トルク138Nm。

元々はドイツのメーカーとしてBMWとほぼ同時期から続いてきたホレックスですが、倒産を経て、現在は3C-カーボン グループに買収されています。

ホレックスのエンジンの特徴として、非常に小さい角度のV型エンジンで、4気筒と比べても大きなスペースをとっていないことが特徴です(フォルクスワーゲンも同様に車でもこのエンジン形式を使っています。VR6のVはV型エンジン、Rはドイツ語で直列エンジンを意味する)
具体的にどのようなものかというと、次の動画を見てもらうとわかりやすいです。3つのカムシャフトがなぜ必要かについては言及はありませんが。

車両の特徴としては、シングルシート、カーボンを多量に使用、そしてオーリンズサスペンション等、構成としては非常に充実しており、仕上がりも高いレベルにまとまっています。

ホレックスによると、33台のブラックに、33台の2シートのシルバーを生産予定だそうです。
値段を気にするような人には買えない非常に高価な車両ですね。(汗)

-ニューモデル, 他メーカー, 未分類

関連記事


comment

CAPTCHA