KTM ニュース 未分類

KTM 株式上場廃止へ

投稿日:2016年4月1日 更新日:

KTMは、3月末に行われた株主総会で、浮動株を買戻し、ウィーン証券取引所で記載から取り除くことを報告した。

現在浮動株を保有している株主には、1株あたり過去6ヵ月の株価の平均値である122.50ユーロ(約1万5650円)が支払われる。

浮動株の割合は0.6%と少なく、この払い戻しを受け取る人はそう多くない。残りの99.4%は2つの提携企業が保有している。51.4%の株を占めているのはKTMの社長ステファン・ピーラーが所有するCROSS KraftFahrZeug Holding GmbH、残りの48%はインドの企業バジャージ(Bajaj)が所有している。

支払いが行われたのちは2社の提携企業が所有することになり、KTMは株式市場から撤退することとなる。

今回の上場廃止の目的としては、KTMの今後の計画が投資者の意向によりずれることを防ぐためと考えられる。

Reference:KTM, Visordowon

-KTM, ニュース, 未分類

関連記事


comment

CAPTCHA