ニューモデル KTM 未分類

KTM 新型1090アドベンチャー/R 2017を発表

投稿日:2016年10月4日 更新日:

KTMは、1090アドベンチャー(1090 Adventure)、1090アドベンチャーRを発表。現行モデルの1050アドベンチャーがモデルチェンジしたものとなっている。

1090アドベンチャーは、オンロード寄りの1090アドベンチャーと、オフロード寄りの1090アドベンチャーRの2つのバリエーションからなる。

無印、Rバージョン共に、エンジンは125馬力と95馬力、二つのオプションがある。これは、欧州の免許制度に対応した措置であり、国内についてはおそらくフルパワーの125馬力の販売になるだろう。

現行の1050モデルが95馬力なのに対し、125馬力になったのはエンジンの排気量があがったからではない。エンジンについては、LC8 1050cc Vツインエンジンを搭載。最大トルクは109Nm。

フレームについては、トレリスフレームを両モデルともに搭載。電子制御としては、スリッパークラッチ、トラクションコントロール、ABS、ライディングモード。ダッシュパネルについては、2つのスクリーンをもっている。

タンク容量は23L。

外装についても若干の変更が加えられている。ハンドルバー、ステップ、レバー、スクリーンなどはライダーの体格に合わせて調整可能だ。

無印とRの違いについてはまとめ次第更新します。

1090Adventure

1090Adventure R

Reference:KTM, Visordown

-ニューモデル, KTM, 未分類

関連記事


comment

CAPTCHA