Praëm SP3

ニューモデル

Praëmという名前を聞いたことのある人はほとんどいないと思います。
Praëmとは、比較的最近できたフランスのメーカーで、その第一弾とも言えるバイクは非常に面白いものとなっています。

今週フランスのパリで発表された、PraëmのSP3というバイクは、Sylvain Berneron氏と、Florent Berneron氏によるもので、Sylvain Berneron氏に関しては元BMW Motorradのデザイナーでその名前を聞いたことがある人がいるかもしれません。Florent Berneron氏は航空・機械工学出身とのことです。

なんといっても注目すべき点が、もう15年も前のモデルになりますが、HONDA VTR1000 SP1がベースとなっているということです。もちろん、スタイリングや各部に関しては変更が加えられていますが、元となったSP1からヒントを得ているようです。

各部に関しては、オーリンズ製サスペンション、ロトボックス製カーボンホイール、ブレンボ製ブレーキにカーボンディスク、またRizoma製のパーツも使われています。

そして、最も興味深いポイントが、そのカウルです。一枚の金属の板が使われているわけではなく、何本もの金属製のワイヤーを組み合わせた特徴的なカウルを有しています。

公式の情報としては、まだまだ不明なことが多いですが、詳細発表が今から楽しみなモデルの一つですね。
新設メーカーとはいえ、話題性は十分あると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました