ニューモデル SUZUKI 未分類

スズキ RMX450Z 2017年よりアメリカで再び取扱い開始

投稿日:2016年7月7日 更新日:

2010年にはじめて登場したスズキのエンデューロ車両、RMX450Zが2017年からアメリカで再び取扱い開始。
フレーム、サスペンション、スタイリングなどはモトクロッサーのRM-Z450に近いものとなっているが、電動スターター、リア18インチホイール、インストゥルメントパネル、トレール用途に向けて軽量化などの変更が加えられている。

エンジンはRM-Z450のものと同じでフューエル・インジェクションの449cc単気筒を搭載しているが、中低回転でのパワー向上のために変更が加えられている。トランスミッションは常時かみ合い式変速機の5速ミッションで、モトクロスに比べ広いギア比に対応している。また、アンダープレートやリザーバータンクなども装備されている。ヘッドライトは35WのLED。

LCDインストゥルメントパネルはスポーツモード、スタンダードモードの二つの表示方法を選択することができる。スポーツモードでは、タイマー、トリップメーター、平均速度など、スタンダードモードではスピードメーター、時間、トリップメーター、電圧などが表示される。燃料警告灯も装備されている。

アルミツインスパーフレームはRM-Z450と同じものが使用されている。サスペンションはショーワ製で、リアはピギーバックタイプを採用。前後共にフルアジャスタブル。フロントは21インチでRMZと同じだが、リアに関しては18インチとホイールサイズは小さくされている。ブレーキディスクはレーススタイルのウェーブディスクを装備。

カラーは「チャンピオンイエロー」、「ソリッドブラック」の2パターン。現地での価格は$8,999(日本円換算約91万円)。

2017 スズキ RMX450Z スペック

エンジン:449cc,、4ストローク、水冷、単気筒、DOHC

燃料供給装置:フューエルインジェクションシステム

点火方式:CDI

始動方式:電動式、キック式

変速機形式:常時噛合式5段

ファイナルドライブ:チェーン、DID520MXV、114リンク

フロントサスペンション:テレスコピック

リアサスペンション:リンク式

フロントブレーキ:ディスク

リアブレーキ:ディスク

フロントタイヤ:80/100-21 51M、チューブ

リアタイヤ:110/100-18 64M、チューブ

全長:2185mm

全幅:840mm

ホイールベース:1485mm

最低地上高:320mm

シート高:950mm

装備重量:123.5kg

タンク容量:6.2L

Reference:Suzuki, Motorcycle.com

-ニューモデル, SUZUKI, 未分類

関連記事


comment

CAPTCHA