ニューモデル Aprilia 未分類

アプリリア RSV4 RR/RF 2017 マイナーチェンジして発表

投稿日:2016年10月6日 更新日:

アプリリアは、マイナーチェンジを加えたRSV4 2017年モデルを発表した。

オーリンズサスペンション搭載、ブレーキシステムの変更、電子制御類などの変更が加えられている。アプリリアによると、これらによりサーキットでのラップタイムを1秒向上が実現するとのこと。

新しいバージョンのAPRC(アプリリア・パフォーマンス・ライド・コントロール)という電子制御パッケージを搭載している。それに合わせて、IMU(慣性制御装置)の位置も変更されている。ライド・バイ・ワイヤシステムについても、見直しがなされることにより590gの軽量化がなされている。

APRCの電子制御パッケージに含まれるトラクションコントロールについては、ライディング中の設定変更が可能となった。アルゴリズムに変更が加えられ、性能が洗練されている。ウィリーコントロールについても性能が洗練され、トラコン同様ライディング中に設定を変更することが可能となっている。

ALC(アプリリアローンチコントロール)についても見直しがなされており、より性能が向上している。

クイックシフターは新しくシフトダウンに対応している。また、ピットレーンリミッター、クルーズコントロールも搭載している。コーナリングABSについても標準装備だ。

インストゥルメントパネルはフルカラーのTFTディスプレイ採用。新しいバージョンのV4-MPを搭載。V4-MPは、スマートフォンと接続することにより、様々なデータ収集、コーナーごとの電子制御類の設定などを可能とする。

エンジンについてはエキゾーストシステム、ECUなどが変更され、レブについても300rpm回転数があがっている。レブに達する回転数の増加はバリアブルダクトを撤廃することを意味し、これにより500g軽量化されている。

ピストンについても現行より軽くなっているとのこと。コンロッドについても摩擦を軽減するホーニング加工がされており、バルブスプリングについても一新、大きな負荷に耐えうるよう設計されている。バルブタイミングについても最適化されている。

シャシーについては、RSV4 RFはフロントにオーリンズNIX、リアにTTXを装備。ブレーキについては両モデルともに改善がなされている。ブレーキディスクは厚さ5mm、径330mmに、ブレンボのM50モノブロックキャリパ―搭載。

Reference:Aprilia, Visordown, Motorcycle.com

-ニューモデル, Aprilia, 未分類

関連記事


comment

CAPTCHA