ニューモデル YAMAHA 未分類

ヤマハ 北米でSCR950を発表

投稿日:2016年6月8日 更新日:

ヤマハは北米で、ボルト(Bolt)をベースとしたニューモデル、SCR950を発表、7月から取扱開始。

クルーザーであるボルトをプラットフォームとし、スクランブラースタイルに仕上げられ新しく登場したSCR950は、新しくスポーツ・ヘリテージ・ラインナップに仲間入りすることとなる。

エンジンはボルト同様941cc60°空冷Vツイン、4バルブで49馬力の出力を持つ。フレーム、サスペンションなどは共通となっている。

大きな変更点としては、スクランブラースタイルになるに伴いサブフレームが変更されたことが挙げられる。シートはフラットになり、オフロードバイクのようにライダーが様々なライディングポジションをとることを可能とさせる。また、広くアップライトなスチール製ハンドルバーなどもポジションの自由度をあげてくれる。

ホイールはアルミワイヤースポークにブロックタイヤを装着。フロントは100/90-19、リアは140/80-17。

装備重量は248kg。カラーリングは「ラピッド・レッド」、「チャコール・シルバー」から選択可。

2017 ヤマハ SCR950 スペック

エンジンタイプ:942cc、空冷、SOCH、4ストローク、4バルブ、Vツイン

ボアxストローク:85.0mm x 83.0mm

圧縮比:9.0:1

吸気・燃料装置/燃料供給方式:フューエルインジェクション

点火方式:TCI(トランジスタ式)

トランスミッション:常時噛合式5速/リターン式

ファイナルドライブ:ベルト

フロントサスペンション:テレスコピックフォーク

リアサスペンション:デュアルピギーバックショック

フロントブレーキ:ウェーブタイプディスク、298mm

リアブレーキ:ウェーブタイプディスク、298mm

フロントタイヤ:100/90-19

リアタイヤ:140/80R17

シート高:830mm

キャスター角:28.4°

タンク容量:12L

燃費:21.7km/L

装備重量:248kg

Reference:Yamaha, Motorcycle.com

-ニューモデル, YAMAHA, 未分類

関連記事


comment

CAPTCHA