ニューモデル スパイショット TRIUMPH 未分類

トライアンフ ストリート・カップ(Street Cup) スパイショット

投稿日:2016年5月11日 更新日:

先週、トライアンフ(TRIUMPH)が2017年でストリート・ツイン(Street Twin)ベースでモデル名がストリート・カップ(Street Cup)という車種を新しく登場させるという情報をお伝えしたが、そのスパイショットが撮影されたようだ。

関連記事:トライアンフ ボンネビルT100、ストリート・カップが2017年モデルで登場

トライアンフ工場付近で撮影されたこの車両は、おそらくプロトタイプだが、ストリートカップだろう。

先週の記事で、ストリートカップが2017年モデルで登場することを裏付ける情報として、カリフォルニア大気資源委員会(CARB: California Air Resources Board)と米環境保護庁(EPA: U.S. Environmental Protection Agency)の文書に記載されていたことを紹介した。また、ストリートカップについては、カフェレーサーではないか、と予想していた。

さて、今回のスパイショットを見ると、いかがだろうか?ストリートツインの900ccエンジンを用いたカフェレーサーとなっており、シャシー、スタイリングに関してはストリートツインと同じものとなっている。

各部のパーツに関しては他モデルから持ってきており、現在開発が進んでいるのだろう。シート、ヘッドライトブラケットなどはスラクストン(Thruxton)から、その他に関してはストリートツインと共通のものが多い。

ストリートカップ独自のものとしては、ハンドル、エキゾーストシステム、フロントブレーキが挙げられる。ハンドルはスラクストンのもののように見えるが、より安価のものに変更されている。エキゾーストシステムは新しいもので、サイレンサーは黒色に仕上げられており、ストリートツインのものよりスポーティーなものとなっている。ブレーキについてはフローティングディスクに、キャリパーも変更されているようだ。

エンジンはストリートツインと同じもので、55馬力。重量に関しても、おそらく198キロから大きく変わることはないだろう。

空冷865ccエンジンを搭載した旧型スラクストンにとって代わる形となり、価格はストリートツインよりいくらか高くなると思われる。現行のスラクストンは水冷1200ccエンジンを搭載している。

Reference:Visordown

-ニューモデル, スパイショット, TRIUMPH, 未分類

関連記事


comment

CAPTCHA