ニューモデル スパイショット SUZUKI 未分類

スズキ 2017 GSX-R250の噂は広まるばかり

投稿日:2016年2月15日 更新日:

スズキは、250~300ccの排気量を有する低排気量フルカウルスポーツを未だ発表していない唯一のメーカーだ。しかし、ここ最近GSX-R250に関する噂は各地で広まるばかりだ。

関連記事:オートバイ3月号でGSX-R250Rの特集
SUZUKI GIXXER 250 スパイショット
SUZUKI Gixxer250を来年頭に発表か?

名前、そして排気量に関しては特に議論の的になっている。というのも、スズキがどのようなキャラクターで250ccのマシンを市場にもたらすかは全く想像することができないからだ。同じ250ccの競合車種のキャラクターは現在多岐にわたっている。

しかし、スズキはおそらくエンジンに関しては、単気筒ではなく二気筒を採用すると予想している。カワサキ、ヤマハはそれぞれ2気筒のバイクで250ccフルカウルスポーツを販売しており、ホンダも今後CBR250RRとして二気筒で販売することになるだろう。

関連記事:HONDA CBR250RRの登場は夏?

ところで、日本では比較的250ccスポーツバイクはメジャーな立ち位置にあるが、アメリカや欧州では低排気量スポーツモデルが莫大な人気を持っているというわけではない。しかし、低排気量のラインナップをしっかり展開をメーカーが展開しているならば、よりそのメーカーに目を惹かせるきっかけにはなっている。

以前記事で取り上げたスズキ250ccフルカウルスポーツのスパイショット

さて、ここまではあくまで他メーカーとの兼ね合いを踏まえての予想を書いてきた。以前記事にしたように既にスズキの新型250ccフルカウルスポーツモデルと思われる車両のスパイショットが流出している。その車両はエンジンやフレームを含めGSR250と共通のものを使用しているように思えた。これが事実であるならば、他メーカーが高性能なモデルを送り出しているのに対して、スズキは比較的安価なフルカウルスポーツを提供してくれるのではないか、と予想される。

性能を重視したモデルではないとすれば、そのネーミングに関してGSX-Rが使われるかは不明である。インドなどのアジア市場では、ジクサー150SF(GIXXER150SF)というフルカウルスポーツモデルが存在しており、ジクサーの名を冠する場合もある。しかし、ジクサーという名前は日本ではなじみのないものなので、実際のところどちらの名前になるかというのを予想するのは難しい。

当初、スパイショットの流出次期から、2月のオートエキスポに合わせて発表するのではと予想したが、その予想は外れてしまった。2月に発表されなかった理由として考えられるものとしては、この250ccモデルをインドなどのアジアマーケットだけではなく、欧州や日本での導入を視野に入れているのでは、と考えられる。その場合2017年モデルとして登場させるのであれば、遅くとも秋に開催される各地のモーターショーまでには発表されると予想される。

関連記事:SUZUKI GIXXER 250 スパイショット

噂はあくまで噂であり、実際のところどうなのかを断定することはできないが、今後更なる情報が出てくることに期待しよう。

Reference:Auto-BY, Asphalt&Rubber

-ニューモデル, スパイショット, SUZUKI, 未分類

関連記事


comment

CAPTCHA