ニューモデル SUZUKI 未分類

スズキ GSX-R1000 「コンセプト」発表

投稿日:2015年11月17日 更新日:

予想通り、本日EICMAでスズキから新型GSX-R1000が発表されました。
が、舞い上がる前に一つ注意点がありますが、今回発表されたのは「コンセプト」です。

スズキは明らかに2016年モデルにGSX-R1000を発売することはありません
しかし、某情報によると、今回のGSX-R1000コンセプトは、2017年モデルのGSX-R1000になることは間違いないようです
デビュー時期は、2016年半ばぐらいのようです

スズキは、GSX-R1000は今までに登場したスポーツバイクの中で最も軽く、最もパワフルなものになったと伝えています。今回のプレスカンファレンスを見るかぎりも、それは間違いなさそうです。

スズキは、GSX-R1000のエンジンに、可変バルブタイミング(VVT:variable valve timing)、10段階のトラクションコントロール、ローンチコントロール、クイックシフターを搭載すると伝えている。また、三つの走行モードを選択できるようだ。

また、スズキは「ボード・パワー・システム」という新しいシステムを開発したと伝えている。どうやらそれは、エキゾーストのパイプ間の接続を可変にすることにより、回転数の全域にわたってより出力を調整することができるようだ。(いったいどんな技術?)

サスペンションはShowa製の「バランスフリー」テクノロジーが用いられた倒立フォークとリアサスペンションになるようだ。その他の詳細情報については、コンセプトではなく生産バージョンが完成してからとなるだろう。

-ニューモデル, SUZUKI, 未分類

関連記事


comment

CAPTCHA