スズキ SV650 2016年モデルで復活!

ニューモデル

過去にもSVという名前で同様のエンジンのバイクが販売されていましたが、このたびスズキからSV650が復活しました
SVと言えばVツインエンジンを積んだスポーツバイクですね

スズキSV650は、バイク初心者にとって理想的な一台目と言えますが、サーキット走行やワインディングを好む人にとっても幅広く支持されています。幅広く使えて、安く、しかも乗っていて楽しいバイクです。

2016年モデルで、スズキはSV650をラインナップに復活。ABS付モデルと非搭載モデルで選択できるようです。その他のアップグレートもいくつかあり、再びその人気が復活すると思います。

SV650のVツインエンジンに、60以上もの新しい部品を追加しており、これにより最高出力、最大トルクは向上、しかも燃費が良く、排ガスは綺麗になったと伝えています。

新しくなったピストンは剛性・重量の点でデザインしなおされ、樹脂コーティングされたことにより摩擦がへり摩耗性にも強くなったそうです。燃焼室にはデュアルスパークイグニッションが追加され、「スズキ・デュアル・スロットル・バルブ」インジェクターシステムは10ホールインジェクターセットアップを含むとのこと。(?)

SV650のシャシーも同様に見直され、70以上もの部品が新たに追加されている。その結果、先代SVよりスリム且つ軽くなっており、なんと重量は6.8キロも軽量化したらしい。ブレーキは、フロントに290mmのディスク、リアに240mmのディスクを使用。

価格については発表されていませんが、登場時期はおそらく来年の春から夏にかけてと思います。
冬のモーターサイクルショーで正式に日本での発表があると嬉しいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました