ニューモデル 他メーカー 未分類

Timbersled スノーバイクキットの紹介

投稿日:2016年3月9日 更新日:

今回はティンバースレッド(Timbersled)のスノーバイクキットを紹介したいと思う。

ティンバースレッドは、アメリカ、アイダホ州に位置する会社で、元々スノーモービル用のサスペンションシステムを専業としていたが、その後その経験を活かしてスノーバイクキットの取り扱いをはじめている。昨年にポラリス(Polaris)に買収されている。同社のコンセプトはいたってシンプルで、ダートバイクオーナーに冬のライディングを可能とするスノーバイクキットを提供するものだ。

はじめの画像を見て予想できるように、スノーモービルよりも遥かにダイナミックなライディングな走りを実現することができる。前輪にスキー、後輪にキャタピラを装備した車両は、雪面においてライダーをより先へ先へと進ませてくれるだろう。

ティンバースレッドからは4つの異なるシステム、ショート・トラック(ST)、ロング・トラック(LT)、スノークロス(SX120, SX137)があり、バイクごとに個別のインストール・キットによりボルトオンで装着することになる。価格は60万~70万円ほどとなっている。

比較的簡単にキットの取り外しができるため、雪が積もった日にはキットを装着、暖かい日にはノーマルのダートバイクで走行といいったことも可能である。雪上の走行に別の車両を用意する必要もないため、コスト面にも優れているのではないだろうか。

尚、国内ではティンバースレッド・アジア(スピードスポーツ)が取り扱いをしているので、気になる方は一度問い合わせてはいかが?

Reference:Timbersled, Asphalt&Rubber, GARRRRWEB

-ニューモデル, 他メーカー, 未分類

関連記事


comment

CAPTCHA