HONDA マン島TT レース 未分類

無限、マン島TT2016は「神電 伍」で参戦

投稿日:2016年1月31日 更新日:

最も速い電動バイクを決めるレースは現在、日本の企業、チーム無限が支配している。その無限だが、2016年のマン島TTでは更なるプッシュをかけるようだ。

無限は今週、2016マン島TTのSES TT ゼロチャレンジクラスにライダーのジョン・マクギネス(John McGuinness)選手、ブルース・アンスティ(Bruce Anstey)選手の二人とともに参戦することを発表した。

そして、5年目となる今回のマシンは、「神電 伍(Shinden Go)」となることも同時に付け加えられている。神電 伍は完全に新設計のようだ。今年のTTでは平均時速200キロという大台を乗り越えてくれることに期待しよう。しかし、車重が225キロ以上にもなる電動バイクにとってこれは至難の業である。実際、この平均時速200キロという数字は、650ccのツイン車両が使われるライトウェイトTTクラスとほぼ同じ値であり、600ccSSが使われるスーパースポーツTTクラスでは平均時速は205キロほどになる。

無限は毎年そのラップタイムを縮めてきているが、ライバルの不在という現実もある。今後特筆すべきライバルが現れることにも期待だ。

神電 伍については2016年3月25日から開催される東京モーターサイクルショーで公開される。

マン島TTのTTゼロチャレンジクラスについては6月上旬に開催される。

Reference:M-TEC, Asphalt&Rubber, Bikebros

-HONDA, マン島TT, レース, 未分類

関連記事


comment

CAPTCHA