マン島TT レース 未分類

マン島TT2016: ライトウェイトTT勝者は二年連続リンチン

投稿日:2016年6月10日 更新日:

アイヴァン・リンチンが2年連続ライトウェイトTTで優勝。また、同選手のマン島TTにおいて2度目の優勝でもある。

ライトウェイトTTは排気量650ccまでの二気筒の車両で争うクラスだ。

これまでのこのクラスの代表モデルは、カワサキ ニンジャ650(Ninja 650)であったが、少しずつ状況は変わって来ているようだ。例えば、ゲーリー・ジョンソンは中国メーカー、CFモト(CF Moto)などでも戦えることを示している。

ライトウェイトTTはどの選手でも参戦可能だが、ミドルクラスSSや、リッターSSなどのクラスへのステップアップを視野にいれてる選手が多いように感じる。実際、マン島TTで活躍する様々な選手はライトウェイトTTで良い成績を残している。

これまでのライトウェイトTTのラップ数は3ラップで、ピットインなどのタイミングを含めてレースを組み立てる必要があったが、今年のラップ数は4ラップとなりそのような戦略は必要ではなくなった。しかし、よりマシンをいかに扱うかに重点が置かれるようになった。

1ラップ目では、アイヴァン・リンチンとジェームズ・ヒラーの二名が争い、当初リンチンがリードを見せるも1ラップ目終了時にはヒラーが2秒差で通過。2ラップ目にはリンチンが再びリードを見せヒラーと1秒差。2ラップ目が終わると両者はピットに入るも、ここでヒラーはリンチンと7秒の差をあけてしまった。

ヒラーは8秒差で3ラップ目をスタートさせるも、残り2ラップで差は徐々に開いていき、今年のライトウェイトTTの勝者はリンチンとなった。同選手マン島TTでの2回目の勝利である。

3位のマーチン・ジェソップもピットインから素早くスタートを切れたことに恩恵を受けた選手の一人である。ピットインから3ラップ目まで8秒。4位にはCFモトに乗るゲーリー・ジョンソン。今回の表彰台は全てカワサキのNinja650が並んだ。

Reference:Isle of Man TT, Asphalt&Rubber

-マン島TT, レース, 未分類

関連記事


comment

CAPTCHA