マン島TT レース 未分類

マン島TT2016: ダンロップ、再びラップレコードを更新しシニアTTで優勝

投稿日:2016年6月11日 更新日:

シニアTTは、マン島TTにおける一番のメインレースで、マン島TTに参戦するライダーは誰しもこのレースでの優勝を手に入れたいと考えている。
シニア(senior)というと年配の方を意味するが、シニアTTについては年齢は全く関係ないということを一応付け加えておく。

シニアTTに参戦する大半の車両はスーパーバイクTTのものと同じだが、近年ルールが緩くなるにつれて、シニアTTに特化した車両も登場しつつある。

当初霧の影響でスタートは見送られたが、幸いにも天気は好天し無事レースは開始された。

まじはじめにスタートを切ったのは、スーパーバイクTTの勝者、マイケル・ダンロップ。そしてイアン・ハッチンソンが続いてスタートした。

1ラップ目にダンロップは2位に2.8秒差のリードを見せ、シニアTTのラップレコードを記録。しかしハッチンソンも負けてはいない。

2ラップ目の終わりにタイム差は9.2秒に開き、再びラップタイム17分を切り平均時速133.962マイル(215.591km)を記録。シニアTTのラップレコードを再び更新したのだ。

ラップ4ではハッチンソンはわずかにダンロップのラップタイムより早いタイムを出したが既に差は開きすぎていた。

ダンロップはその後堅実に走り続け、ゴールを通過。マン島TT2016において2度目の優勝を得た。ハッチンソンは2位で、今年のマン島TTでは5回表彰台(1位が3回、2位が2回)に上がるなどその存在感を見せた。

ジョン・マクギネスは3位に留まった。マクギネスの乗るホンダ CBR1000RRはBMW S1000RRのペースについていく性能を持ち合わせなかったのかもしれない。とはいえ、1ラップ目で9位、2ラップ目で4位、ピットイン時間はかなり早く3ラップ目の終わりには3位と順位をのばしていったことを考えると非常に健闘したことが伺える。

ラップ3時点で3位であったピーター・ヒックマンは3ラップ目でリタイアし、ジョン・マクギネスに3位を譲ることとなった。ディーン・ハリソンは4位。ホンダのMotoGP車両RC213V-Sに乗って参戦していたブルース・アンスティは5位。

最後に残念なニュースではあるが、アンドリュー・ソアはシニアTTレース中での事故によりこの世を去った。

Reference:Isle of Man TT, Asphalt&Rubber, Photo: Tony Goldsmith

-マン島TT, レース, 未分類

関連記事


comment

CAPTCHA