ニューモデル 未分類 VICTORY

ビクトリー オクターン発表

投稿日:2016年2月20日 更新日:

ビクトリー(VICTORY)は、ニューモデル、オクターン(Octane)を発表した。水冷1179.3ccVツインエンジン搭載。

ビクトリーはオクターンを、「現代のアメリカから登場したマッスルバイク(the modern American muscle bike)」と伝えており、その表現のように、大排気量のエンジンを軽いシャシーに載せているものの、快適性を捨ててはいない、といった車両となっている。

最高出力は103馬力(@8000rpm)、最大トルクは99Nm(@6000rpm)。ビクトリーはこれに関して、今まで一番高出力なエンジンと伝えている。

このエンジンは、プロジェクト156パイクスピークのコンセプトのものを製品化したものだ。コンセプトと同じ73.6mmのストローク幅は高回転を実現し、一気にふけあがるエンジンはVツインのアメリカンというよりはむしろスポーツバイクを思わせる。また、60mmの電子制御スロットルボディとショートギアは加速性能に貢献している。

フレームはアルミ鋳造で、エンジンとは前と後ろで繋がっている。フロントフォークはチューブ径41mm、ストローク幅120mm、ノンアジャスタブル。リアに関してはプリロードはアジャスタブル、ストローク幅76mm。

ホイールベースは1578mm、ステアリングは鋭く設計されている。また、最大バンク角は32°。

フロントブレーキは、2ピストンに径298mmのディスク。リアは1ピストン、ディスク径はフロントと同じく298mm。ABSは標準装備。

重量は243kg。

日本での取り扱い、価格については今のところ不明

Reference:Victory, Visordown

-ニューモデル, 未分類, VICTORY

関連記事


comment

CAPTCHA