ニューモデル レース 未分類 Harley-Davidson

ハーレーダビッドソン ダートラレーサー XG750R 公開

投稿日:2016年5月28日 更新日:

ハーレー・ダビッドソン(Harley-Davidson)は44年ぶりのダートトラックレーサー、XG750Rを発表。

同社は過去にバー&シールド(Bar & Shield)というブランドでダートトラックレーサーを販売していたが、実に44年ぶりの登場となる。

モデル名はXG750Rという名前で、ストリート750(Street 750)がベースとなっている。この土日にアメリカ、イリノイ州で開催されるAMAプロ・フラット・トラック・スプリングフィールド・マイル(AMA Pro Flat Track Springfield Mile、※)で正式なデビューを果たす。

※AMAプロ・フラット・トラックのシリーズ戦が開幕される前に開催されるレース

名前が示す通り、エンジンに関してはストリート750と同じ750cc Vツインエンジンである「レボリューションX(Revolution X)」を搭載。レース用にチューニングが施されている。

シャシーに関しても変更が加えられており、バンス&ハインズ(Vance & Hines)製のエキゾースト、レース用にスイッチ類やフロントブレーキは取り外されている。

というのもXG750Rに関しては現在のところレース使用のみで、市販の予定はされていないようだ。

Reference:Harley-Davidson, Visordown, Asphalt&Rubber

-ニューモデル, レース, 未分類, Harley-Davidson

関連記事


comment

CAPTCHA