YAMAHA 未分類 カスタム

ヤマハ ヤードビルト XSR700 オトコマエが登場

投稿日:2016年7月6日 更新日:

ヤマハが車両のカスタムを著名なビルダーに依頼するヤードビルトプロジェクトは、各国のビルダーを巡り、再びスペインへと戻ってきた。
今回のビルダーはアド・ホック・カフェ・レーサーズ(Ad Hoc Cafe Racers)、ベース車両にはXSR700が使われ、「XSR700 オトコマエ(XSR700 Otokomae)」が誕生した。

アド・ホック・カフェ・レーサーズのデイビッド・ゴンサレス氏がヤマハ車をカスタムするのはこれが初めてではない。過去にも、XJ650やXJ750のカスタムを手掛け、そのカスタムは世界から評価を得ている。今回のXSR700オトコマエは、ベース車両のXSR700をダートトラッカー風のカスタムに仕上げている。

フロント回りにはヤマハの他モデルの純正品を流用している。ステム、ハンドルバー、フロントフォーク、ディスクブレーキ、ブレーキマスターシリンダーなどはMT-09から、クラッチはYZF-R6から、そしてヘッドライト、ブラケットはMT-01のものを使用している。

ホイールはボラーニのものを、タイヤはミシュランとなっている。タンクについては純正のままだが、特注のタンクカバーなどによって隠されている。ラジエターはエンジンに合わせた色に塗装し、エアフィルターボックスは取り外され、パワーフィルターに変更、中心部のスペースはそれにより空洞があいている。

エキゾーストはSCプロジェクトに変更されている。リアのサブフレームは特注品だ。リアサスペンションは、ギアズ・レーシング(Gears Racing)のものを使用し、シートも特注品に変更されているため、シート高は15mm高くなっている。

Reference:Yamaha, RideApart, MoreBikes, Photo: Gustavo Osorio

-YAMAHA, 未分類, カスタム

関連記事


comment

CAPTCHA